なぜdoor?

「door」を利用する事によって、企業をはじめ個人ユースなど様々なブランドコミュニティを形成する事が可能です。

「door」をソーシャルメディアと位置づけ、今までのマスメディアによるマーケティング手法から現在のコミュニケーション、マーケティングのあり方、そして、それらを組み合わせる事が失敗しないSNS構築の第一歩だと考えます。

 

 

問い合わせフォームへ